2013年9月20日金曜日

in a pasture

Mt. Maya( 摩耶山)is a small mountain on the center of Rokkoh mountain range, about 700 meters high,in Hyogo prefecture. We can easily access to the top of it by a little cable car,
and can enjoy an ocean view including expanding  reclaimed land like amoeba which became a convenient modern area. 

A pasture is not far from the cable car station of Maya, and the sunny afternoon gave my husband an idea to pay a visit the pasture and I could not resist it.



At first glance the pasture looked compact, but a path led us further up and down showing some animals, goats. horses, sheep...






These goats are still quite young.

They seem to be well tamed, still their feral instinct is observed especially in the eyes.




荒れあれて雪積む夜もをさな児をかき抱きわがけものの眠り

石川 不二子(1933~)

Embracing my innocent life

in my arms

at night of storm-force wind and snow,

How wild and beast-like

my sleep is
Fujiko Ishikawa


In fact to talk about snow is too early here. What associates me with the tanka poem is the age-hardened coats of sheep. Their features make me imagine the weathertight lives even in this calm sanctuary. And for the people who work for the animals it must be harder in severe winter and summer time.
Now it is a short comfortable season just after the long extraordinary heat wave.

By the way, the writer of the tanka poem, Fujiko, used to be a dairy worker after she studied on farming at University, and continued to compose tanka poems working with her husband in a pasture.

The natural style of her poems reflects well the way of her living, and I admire the hint of unaffected sensuality in her poems.

  

It was Indian summer that day, though already some Japanese pampas and sort of bush clovers were rustling on the hilltop.



18 件のコメント:

Jen さんのコメント...

What an interesting place! Great pictures and tanka--you always make the most interesting connections---the true sign of a poet I think.

Those pink flowers are beautiful.

haricot さんのコメント...

Thank you, Jen. It's so kind of you.
I wish I could write more accurately about the circumstance and so on.

stardust さんのコメント...

外の吹雪もしらず母親の腕の中でぐっすり眠っている幼子を想像すると自然に顔がほころんでしまいます。生き物として、動物も人間も同じ。感動した時に魂がいななくように、眠りの時も獣の眠り。写真の5枚目は黒やぎさんですか? 撮影者を見る目が優しいですね。

麻耶山経由で六甲牧場へ行かれたのですね。調べてみますと、ケーブルカーとロープウェイのコースは「麻耶ビューライン夢散歩」、上りと下りのケーブルカーは「ゆめあじさい」と「にじあじさい」、神戸らしい名前がついていてうれしくなりました。

haricot さんのコメント...

stardust

「ゆめあじさい」「にじあじさい」ですか!
とても小さなケーブルカーでした。色々調べてコメントして下さってありがとうございます。
きちんと調べることって大切ですね。こころがけます。

cosmos さんのコメント...

動物と生活を共にしておられる作者だからこそ「けものの眠り」の表現が生きてますね。しっかりと護るべきものを護りながら、自らも深い眠りにつく・・厳しい環境と愛情が伝わってきますね。酪農は実際大変な仕事だろうと思います。

日中の暑さはまだまだ厳しいですが、朝夕はほんとに爽やかになってきましたね。体調管理に気をつけてこれからの季節をエンジョイしましょう。

haricot さんのコメント...

cosmos

「けものの眠り」について的確なコメント嬉しいです。初期は知りませんが、超結社で短歌を発表されている方で、私自身ゆき詰まりを感じると彼女の歌を読んで自由な歌風と勇気に励まされています。

ruma さんのコメント...


Hello, haricot.

 The eyes of sheep are lovely.
I i feel heartwarming.

 The encounter with your work is my pleasure.
 Thank you for visit.

 The prayer for all peace.
 I wish You all the best.

Have a good weekend. ruma ❃

Red Rose. さんのコメント...

Hi,Haricot.
こんなに近い六甲山の牧草地で動物達に出会えるのですね。こうしてハリコットさんのポストの写真を見させて頂いてると、母親に守られて眠る幼子だけでなく、親動物もinnocentで弱い生き物に思えます。厳しい環境の中で必死に生きているのですものね。ハリコットさん優しい気持ちでシャッターを切られたのだなあと思います。
Tomoko

haricot さんのコメント...

ruma

Thank you for your visit and comment.
Have a nice weekend and enjoy this refreshing season.

Red Rose
飼育されてはいても山も低くても冬は特に厳しいと思います。
去年高山植物園をおとずれたときは軽装だったので寒くて震えました。
コメントありがとうございます。お元気そうで良かった。

Magia da Inês さんのコメント...

Lindas imagens!...
Ainda existe alguns oásis dentro das grandes cidades.

¸.•°♡彡Ótimo sábado!
♡♫° ·.Bom fim de semana!
Beijinhos.
¸.•°❤❤⊱

Jenny Woolf さんのコメント...

It is often strange to look into the eyes of animals. I find it very interesting if I know the animal well.

You do not mention the little train but I like it very much. It reminds me of a train in a fairy-story.

haricot さんのコメント...

Magia

Thank you! Have a good week for you, too!
¸.•°❤❤⊱

Jenny

The train is a little cable car which I took the photo on our way to go back.
"a fairy-story"-------yes, really it is.

sarah さんのコメント...

動物を育てながら、自分の子供も育てるのは、時として、厳しいけれど、獣のように眠れるのは、精一杯、でもおおらかに生きてられるようで、暖かいなにかを感じます。
Have a nice Autumn!

haricot さんのコメント...

sarah

不二子さんの歌におおらかで温かいもの感じて下さって嬉しいです。

このところ又日差しが夏のように強いですね。
そのうちあっという間に晩秋でしょうか、、、。

☆sapphire さんのコメント...

こんばんは

摩耶山!なつかしいです。六甲は時折行きますが、摩耶付近はご無沙汰していて。六甲山牧場も長いこと、行っていません。羊さんや牛さん、可愛いですね。たしかここでいただく牛乳、すごくおいしいですよね。
石川不二子さんの短歌の中の「けものの眠り」。本当にすごい表現だと思います。すばらしすぎて、けもののように、う~~んと唸るだけ(笑)荒涼とした冬に眠る動物のごとく、新たな命を抱いて、冬の夜、眠る若い母親。芽吹いた「いのち」。こうした短歌にふれることができて、日本人に生まれてよかった!と思います。

haricot さんのコメント...

sapphire

「けものの眠り」、不二子さんのお若い頃の代表作の一つなのでしょう。3年ほどまえに読んだ歌集には御主人との分かれ(介護と死)を繊細さと骨太なタッチの混じった歌が多くありました。
sapphireさんは神戸っ子でしたね。わたしの義理母が兵庫出身でした。

A Cuban In London さんのコメント...

What a beautiful post and pictures. Many thanks.

Greetings from London.

haricot さんのコメント...

A Cuban in London

I'm very happy to have your comment, as I feel like I already know you thanks to Dave's blog. Actually I worry about him...